FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
「パーソナルコーチングとビジネスコーチングどちらを学べば良いのでしょうか?」
先日このようなご質問をいただきました。

確かに今は、「恋愛コーチング」や「ライフチェンジコーチング」
はたまた「社内コーチング」など
様々な名前が付けられたものがありますね。

私からの回答は「あり方」を学ぶことが出来ればどれでも良いでしょうと
お伝えしています。


現在、エンジェルコーチングでは
コーチを養成するコーチング講座を行っておりますが
テキスト60p以上にわたる内容を
6カ月かけて学んで頂いています。

受講されている方は、経営者として社内で使っていただいている方もいらっしゃいますし
ご家庭に活かしたい方、コーチとして独立したい方など、その活かし方は様々です。

テキストの内容にももちろんありますが
コーチングで重要なのは
「物の見方・考え方」という「あり方」です。

この「あり方」はお料理に例えられることがあります。

クックパッドを眺めながら
冷蔵庫の中身を思い出し
一緒に食べてくれる人が喜びそうなメニューを選んで
さて、調理開始

その時に使う道具は、包丁やまな板、フライパン。

この道具を使う目的は、食べてくれる人と一緒に楽しい時間を共有したい、
相手に喜んでもらえるよう愛情を持ってお料理をする、ということです。
このような思い、あり方で道具を使うと
きっと美味しいお料理が出来あがることでしょう♪(クックパッド様様ですありがとう!笑)

一方で、この道具を別なあり方で使うことも出来ます。

特に包丁は、相手をやっつけたいという思い・あり方で使うと
相手を傷つける道具になってしまいます。

と言うように、コーチングでお伝えするスキルテクニックは道具。

相手が力を発揮出来るためにと願ってする「質問」と
相手を凹ませてやろうと思ってする「質問」とでは(無意識の事が多いでしょう・・・)
同じ「質問」でも、全く違う結果になると言うことです。

ではスキルテクニックはいらないのでは?というと
そうではないのです。
お料理も、包丁と言う便利なものがなければ
どうしましょう、、「はじめ人間ギャートルズ」の時代のように(これもネタが古かったかな(^_^;))
何か尖ったものを見つけて来て、石で磨いて切れるものにして
お肉をぐにぐにぐにぐに・・・

これは大変効率が悪いですよね。

このように、スキルテクニックももちろんお伝えしますが
どのような思い・あり方で使うかということを
深く学ぶプログラムとなっており、バランスのとれた内容となっております。


よって、質問のお答えを補足しますと
自分にぴったりくるものを学んで頂くのが良いと思います。

その時、テクニックを吸収するだけでなく
自分の内面としっかりと向き合い
どんなあり方で使うのか
ここに焦点を当てて学んでいただけたら良いのではないかと
私は思います



今週末は、お友達が遊びに来てくれます♪
自宅で女子会も楽しいものです~(^-^)
一緒に何を食べようか・・・
心を込めて作りますよ~☆






スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

小川聖子

Author:小川聖子
札幌で「人材育成」のための企業研修・コーチ養成・コーチングセッションをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード